読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残像ブログ

残像だった

WordPressの検索フォーム関係まとめ

まとめと言うほど色々書いてあるわけでもない。

フォームの設置

検索フォームを設置する関数がある。
関数リファレンス/get search form - WordPress Codex 日本語版

<?php get_search_form(); ?>

このコードを記述した部分に、searchform.phpの内容を読み込んで表示する。
searchform.phpがテーマ内に無い場合は、あらかじめWordPressに用意されているコードが表示される。

<form role="search" method="get" id="searchform" action="サイトURL">
<div><label class="screen-reader-text" for="s">検索:</label>
<input value="" name="s" id="s" type="text">
<input id="searchsubmit" value="検索" type="submit">
</div>
</form>

こんなフォームが表示される。

手っ取り早く直接htmlにコードを書いてしまってもいいみたい。
WordPress に検索フォームを設置する4行の HTML のタグ | ウェブル

検索結果の表示

特になにもしない状態では検索の範囲は記事の本文の他にページとかも含まれるようだ。

検索の結果はsearch.phpをテンプレートにして表示する。テーマ内にsearch.phpが無い場合はindex.phpで表示。
この優先順位は以下の画像がわかりやすい。
File:Template Hierarchy.png « WordPress Codex