読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残像ブログ

残像だった

Blender2.64で追加されたワイヤーフレームツールの使い方


Dev:JA/Ref/Release Notes/2.64/BMesh - BlenderWikiにて2.64で追加された機能の一覧を見ていたところ、大抵はよくわからなかったのですがワイヤーフレームツールと言うのが気になって調べたところ超面白かったのでメモ。

どんなツールかよくわかる動画

こんな感じでメッシュを辺に沿って網状に変換してくれます。

使い方

網状にしたい部分を選択(もちろんオブジェクト全体でも良い)してEdit Modeにする。

Ctrl+Fを押してFacesメニューを表示し、Wire Frameを選択。

これで変換されます。

オブジェクトの一部だけを選択した状態だと、選択部分のみ網になる。

設定

適用直後のみ左側のツールメニュー下部に設定パネルが表示される(他のツール同様、この設定パネルは適用直後しか表示されないので注意)。

上のBoundary、Offset Even、Offset Relativeはよくわからん(Offset Even選ぶと網が太め、Offset Relativeだと細めになる?)
Thicknessは網の太さを設定する。あんまり太くすると使徒みたいになるので注意。

Replaceにチェックを入れた状態だと返還前の元の部分が消える。チェックを外すと元部分も残る。

Creaseにチェックを入れると、網の繋ぎ目の辺がピンクになる。この状態だと、Subdivision Surfaceした時にピンク色になっている辺には丸みが適用されない。


よって網目の四角が保たれた状態で辺部分のみ丸みができる。
左がCreaseチェックなし、右がCreaseチェックあり。

なおこのCreaseはEdit Mode時に適用したい辺を選択してShift+Eでカーソルを動かせばWire Frame関係無しに任意に設定できる(丸みの適用具合も調節できる)。

OMAKE

ワイヤーフレームツール使って作ったオブジェクトで壁紙的なもの作ってみた。